2017年07月04日

バブル


イタリアからのインポート商品を卸販売している

アパレル業界の大先輩が遊びに来て下さいました

ハイクラスのメンズ商品を中心に取り扱ってらっしゃるのですが

予想以上の物量に驚く

色んなマーケットがあるもんですね

それにしても昔のアパレル業界って派手だったんだなと話を聞いてて思いました

バブル臭がぷんぷん(笑)

只、その時代は謳歌してたけど

今は無くなってしまったり苦労している人がほとんどって聞くと

自分がその時代に生きてたらどうなってたんだろう

って考えてしまう

まぁ 十中八九溺れてるでしょうね (T_T)/~~~

いまでええです

いまがええです



84

バブルって叩いたらこんな画像ばっか

この踊ってる人達が一般人ってなんか勢いを感じる











にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
↑↑↑↑↑ 清きワンクリックをよろしくお願いいたします。
kyoden1 at 20:28|PermalinkComments(0)

2017年07月03日

名刀ペーパーナイフ

kyoden1 at 16:17|PermalinkComments(0)

2017年07月02日

段取り

kyoden1 at 21:21|PermalinkComments(0)

2017年07月01日

後半戦スタート


2017年も半分が終わりました

2017年の前半は

主要取引先の不穏な噂が流れ、足踏みしてしまったり

新企画で思った様な結果が出なかったり

と、あまり好調とは言えない結果でしたが

海外視察に行ったり

有力店舗で企画した新商品の取り扱いが決定して下さるなど

種蒔きも出来たので自己採点するのであれば55点くらい

後半戦で蒔いた種から芽が出る事を期待

前半は手数を増やす事を意識したのですが

後半も引き続き手数を増やしていこうと思います

o0634071512384871522
















にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
↑↑↑↑↑ 清きワンクリックをよろしくお願いいたします。
kyoden1 at 00:26|PermalinkComments(0)

2017年06月30日

染色開始


現在、クラウドファンディングで紹介している小さな財布の染色を始めました

IMG_2631

こうやって並べてみると鮮やか (^^♪

5枚染めるのと50枚染めるのはやっぱ違いますね

効率が上がる箇所とそうでない箇所

5枚の時には出なかったちょっとしたトラブルも発生

今回の事は色々試してみて解決したのですが

これが500枚だとまた違った問題が出てくるのかもしれない

染色意外で心配していた事もあったのですが

そちらも良いアイデアを出してくれたので解決しそう

自社生産って、やってみて気付く事が本当に多いです

まぁ新しい事だから仕方ないんでしょうね

大変な事もありますがこれが強みになる思えばへっちゃらです

来週から新たに革が入ってくるのでどんどん進めていこうと思います

















にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
↑↑↑↑↑ 清きワンクリックをよろしくお願いいたします。
kyoden1 at 18:22|PermalinkComments(0)

2017年06月29日

ノリ良く


京都丹後ロードレースは去年は練習不足で見送ったので今年こそは!

京都亀岡ハーフマラソンは一緒に走ろうと何人かに誘われたからとりあえず!

ってノリでいってみよかな

おっさんノリノリ (っ ` -´ c)


img47





にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
↑↑↑↑↑ 清きワンクリックをよろしくお願いいたします。
kyoden1 at 22:05|PermalinkComments(0)

2017年06月28日

岡山の友人


久々の友人から電話がありました

彼は岡山でジーンズの生産とショップをしているのですが

久々に話を聞くと

200坪の土地を購入して自社ビルを建てているとの事

そこに事務所、工場、倉庫を集約し

店舗も設けると言ってました

現在、彼の商品を販売しているのは直営店の2店舗のみ

で、今度の自社ビル店舗が3店舗目

全て地元の目の届く範囲で販売してます

苦戦しているジーンズメーカーが大半の中でこの絶好調ぶり

彼がお金と時間をかけて得たノウハウなのでここでは書けないのですが

理由を聞けば聞く程、なるほど〜と合点がいく内容ばかり

具体的な将来の話も聞いたのですが

売上規模ではなく内容がしっかりした事業モデルで

たまたま、この前読んだ本の一澤信三郎帆布という京都の鞄メーカーに似ている気がしました

彼もほとんど広告費はかけてないし

インターネットでの販売にも全く力を入れてなさそう

わざわざ新幹線に乗って有名なラーメンを食べに行ったって芸能人をテレビを見た事あるのですが

行く行為自体も楽しそうだし、わざわざ行く事で美味しさも倍増しそう

なんでもネットで翌日に手に入る時代だからこそ

そういうわざわざが良かったりするのかもしれない

とにかく彼の話を聞いてても全く落ち度や突っ込み所がないので

「たまには挫折しいな〜」って言うと

「たっちゃん・・・・・ 無いわ〜」と回答

でも10年以上付き合いしている中で彼が2回程凹んだ時があったので

その時の事を言うと

「たっちゃん・・・・ あったな〜」と苦笑い

笑けますね

こういう時はそんな小さな小さな傷をグリグリえぐってやるんです |* ̄∇ ̄


まあでも本当に凄いなと思うし、まわりにこういう事例があると刺激になる

ええ話が聞けました

o0350027913759340622





























にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
↑↑↑↑↑ 清きワンクリックをよろしくお願いいたします。
kyoden1 at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月27日

アキラとあきら


f7525458897f831ad50eaaa4c150d074

途中、やっぱり銀行内の話か〜と残念な気持ちになりましたが

後半、盛り上がってきて読み応えありました








































にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
↑↑↑↑↑ 清きワンクリックをよろしくお願いいたします。
kyoden1 at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月26日

こだわり


オミクロンな物
作りを追求しても消費者には伝わらない


この記事が興味深かった

作り手本意の過度なこだわりは消費者にほとんど響かないって内容

ステッチ幅を1ミリ縮めました!って言っても

消費者には響かないというか、分からない

なぜなら商品者はその商品のプロではないから

だからそれが理由で商品が売れる事は無いって事が書いてある

こういうの結構よく聞く話

自分達でモノ作りを初めて3年の僕らはまだまだ精度アップが大事ですが

ココに書いてある事は頭の片隅にしっかり置いておこうと思いました



職人




にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
↑↑↑↑↑ 清きワンクリックをよろしくお願いいたします。
kyoden1 at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月25日

愛され続けるかばんの本


一澤帆布と言えば全国的に有名な京都の鞄メーカーですが

そのムック本が出たので買ってみました

IMG_2583

表紙に書かれている一澤信三郎帆布とはお家騒動によって一澤帆布から分かれて新たに出来たブランド

今はお家騒動も落ち着き一澤帆布も一緒に販売されている様です

本を読んで初めて知ったのですが

工房が3つもあって

働く職人さんはなんと70名

一澤帆布って卸しは一切せず

販売するのは京都にある直営店1店舗のみ

一応ネットでも購入できるみたいですが力を入れている様子はない

なのに70名も職人さんが必要って凄い

インターネットで何でも買えるこんな時代だからこそ

そういうのも面白いかもしれない

かなり時代に逆行してるけど京都っていう土地柄だと何とかなりそう

認知されるまでが大変そうですが

何かのきっかけでSNSで拡散される可能性はある

色々考えてしまいますね








にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
↑↑↑↑↑ 清きワンクリックをよろしくお願いいたします。
kyoden1 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ
革小物のブランド「達磨」 京でんの社長ブログ 京でん -軌跡-