一澤帆布と言えば全国的に有名な京都の鞄メーカーですが

そのムック本が出たので買ってみました

IMG_2583

表紙に書かれている一澤信三郎帆布とはお家騒動によって一澤帆布から分かれて新たに出来たブランド

今はお家騒動も落ち着き一澤帆布も一緒に販売されている様です

本を読んで初めて知ったのですが

工房が3つもあって

働く職人さんはなんと70名

一澤帆布って卸しは一切せず

販売するのは京都にある直営店1店舗のみ

一応ネットでも購入できるみたいですが力を入れている様子はない

なのに70名も職人さんが必要って凄い

インターネットで何でも買えるこんな時代だからこそ

そういうのも面白いかもしれない

かなり時代に逆行してるけど京都っていう土地柄だと何とかなりそう

認知されるまでが大変そうですが

何かのきっかけでSNSで拡散される可能性はある

色々考えてしまいますね